すごいぞアラキドン酸

アラキドン酸は認知症に効果あり!

歳を重ねると、記憶力がだんだん低下し、80歳を超えると「認知症」にかかるリスクが急激に増加します。認知症に一度かかると、完治するのは非常に難しいようですが、最近、リノール酸から作られるアラキドン酸が認知症の予防に効果があるということで注目されています。
アラキドン酸は、肉や卵、エビなどに含まれていて、脳の機能を担う神経細胞の生成を促してくれるようです。

最近では、70歳を過ぎても脳の神経が生成されていることが分かっているので、高齢になったからと言って、アラキドン酸の摂取をやめてしまうと、認知症にかかりやすくなります。いくつになっても、肉や卵などアラキドン酸を含む食材やサプリメントなどを積極的に摂取しましょう。

もちろん、脳の老化を防止するためには、アラキドン酸のサプリメントなどを摂取さえしていれば良い訳ではありません。毎日、バランスの良い食事を心がけ、適度な運動をすることも大切です。
また、手や指を動かしたり、本を読む、日記を書くなどして脳を刺激することも重要です。年齢を重ねても、色々なことにチャレンジしたり、友達と会話を楽しんだり、外出するなどして刺激のある毎日を送ることも認知症予防には有効です。高齢者こそアラキドン酸を摂取するべきなのです。

↑ PAGE TOP