すごいぞアラキドン酸

小さい子にアラキドン酸が必要な理由は?

アラキドン酸は必須脂肪酸の一種で、子供の成長に欠かせない大切な栄養素です。主に肉類、魚介類、卵、レバーなどの動物性食品に多く含まれています。
免疫力を調整したり、学習力や記憶力を向上させる効果があるため、子供の脳と体の発達において、非常に重要な役割を担っています。特に1歳未満の乳児の場合、体内でアラキドン酸を合成する力が弱いので、積極的に摂取する必要があります。

また、アラキドン酸は脳神経の発達を促進する効果があることも明らかになっています。アラキドン酸を積極的に摂取した子供は、そうでない子供に比べ、脳の発達レベルが高いという実験結果が出ているのです。
このことから、アラキドン酸が子供に重要な栄養素であるかがよく分かります。 子供の脳は3歳までに大部分が形成され、その後成長するにつれて、脳神経細胞は減少していくと考えられています。よって、アラキドン酸は乳幼児に最も必要な栄養素と言えるのです。

赤ちゃんの栄養源である母乳にもアラキドン酸は含まれています。最近はアラキドン酸配合の粉ミルクもあるので、母乳で育てられない場合でも安心です。過剰摂取は禁物ですが、子供がアラキドン酸不足にならないように注意するのはお母さんにとって大切な仕事です。

↑ PAGE TOP