すごいぞアラキドン酸

アラキドン酸は乳児の発達に効果的

アラキドン酸という名称は、あまり馴染みがない人も多いと思います。しかし、妊娠中、子育て中の親にとっては頭の片隅に入れておいてほしい栄養素の一つです。

理由は、DHAと同じように、脳や神経組織の発達に不可欠な成分だからです。最近の粉ミルクも大したもので、DHAとアラキドン酸の両方を含んだミルクも売られています。
だから「私は母乳がでなくて」とか「すぐに保育園に入れたからミルクで育っている」という後ろめたさがあるお母さん!大丈夫ですよ、母乳と代わらない栄養素を含むミルクも売っていますから、それを選ぶようにすればいいのです。

しかも、極限まで母乳成分に近づけたミルクもあります。アラキドン酸は、肉、魚介、レバー、卵に含まれていますが、これらをまんべんなく食べることによって、お腹の胎児や授乳中の赤ちゃんにも、栄養が行きわたります。
そして、アラキドン酸を積極的に摂取した赤ちゃんは、その後の記憶力検査、運動能力検査、言語能力検査などで他の赤ちゃんよりも良い結果が出ています。

そのことから、アラキドン酸は、胎児や1歳未満の乳児にとっては、必要不可欠な栄養素と言えますね。でも、摂取しすぎは要注意です。アレルギーを引き起こす可能性もあるので、食事で偏りなく摂取することを心がけておくといいですね。

↑ PAGE TOP