すごいぞアラキドン酸

アラキドン酸欠乏のリスクは

アラキドン酸は、肉類、魚類、卵に含まれる不飽和脂肪酸で、常温で固まりにくいことから動脈硬化や生活習慣病になりづらい要因とされています。

たくさんの細胞で構成されている人間の体ですが、その細胞は細胞膜という保護膜で覆われており、アラキドン酸は、保護膜を構成する働きも担っています。他に、免疫力を上げる役割もしています。
そして、特に脳の成分の中で、多くの割合を占め、脳の働きを活発にしているのもアラキドン酸です。

しかし、アラキドン酸は体内で作り出すことはできないのです。
ただ、植物に含まれているリノール酸によりアラキドン酸を体内で多少は合成可能ですが、加齢と共にその力も弱くなってしまいます。ですから、アラキドン酸不足に陥らないためには、バランスの良い食生活を営む中で、肉、魚、卵などを適量摂取する必要があるのです。

しかし、ベジタリアンの場合、アラキドン酸を欠乏してしまいます。欠乏はどのような影響を体に与えるでしょうか。
これは、ベジタリアンだけではなく、加齢により食事の量が減少し、その結果、アラキドン酸摂取の不足に繋がってくる方もでてきます。すると、記憶力、免疫力の低下など脳の働きや健康維持の面にも影響があります。

また、乳幼児の発育にも重要要素の一つのため、アラキドン酸欠乏を欠かすことで、正常な成長や学習能力に支障をきたすこともあります

↑ PAGE TOP